歯並びについて

当てはまる歯並びはありますか?

出っ歯

出っ歯横から見ると、上の前歯が下の前歯と比較して前に出ている状態の不正歯列です。無理に口を閉じると口元が歪んだりします。原因は、顎の成長不足、前歯の角度異常、子供の頃の指しゃぶり、唇を噛むなどの癖が挙げられます。

適応装置:マウスピース矯正

受け口

受け口口を閉じると上顎の歯よりも下顎の歯が前に出たり、顎がしゃくれていたりする状態の不正歯列です。原因は遺伝的要因が多くを占めるとされていますが、舌を突き出したり上唇を噛む癖があったりすることも影響しています。

適応装置:マウスピース矯正

叢生

叢生歯がさまざまな方向に生えている、デコボコしている状態の不正歯列です。顎と歯の大きさのバランスが悪いため、歯が生えるスペースが無いことで歯と歯が重なったりでこぼこしたりします。歯ブラシがすみずみまで届かないことでむし歯や歯周病のリスクが高まり、結果的に歯を失う恐れがあります。

適応装置:マウスピース矯正、ワイヤー矯正

開咬

開咬口を閉じたときに奥歯は噛み合っているのに前歯が噛み合っていない状態の不正歯列です。前歯で食べ物を噛み切ることが難しくなったり、滑舌が悪くなったりする場合があります。主な原因は、子供の頃の指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸、唇の噛む癖などが挙げられます。

適応装置:マウスピース矯正

すきっ歯

すきっ歯歯と歯の間にすき間ができている状態の不正歯列です。歯と歯の間から空気が抜けるため、サ行を発音しにくくなります。原因は、歯と顎の大きさのバランスが合っていないことや、正常よりも歯の本数が少ないことが挙げられます。

適応装置:マウスピース矯正

過蓋咬合

過蓋咬合口を閉じたときに上の歯が下の歯を覆い隠してしまう状態の不正歯列です。口を閉じたときに、下の歯が4分3程度見えているのが正常です。乳歯を早期に失ったり、奥歯の欠損を放置したりすると、過蓋咬合になる恐れがあります。

適応装置:マウスピース矯正

良い歯並び・咬み合わせのメリット

歯の健康を維持しやすい

歯並びが良い状態だと、歯ブラシがすみずみまで届きます。そのため、むし歯や歯周病のリスクを抑えられ、生涯にわたりご自身の歯で食事や会話を楽しめるようになります。

噛み心地がよい

歯並びが良い状態では噛み合わせも良いので、食事を楽しむことができます。不正咬合の中でも開咬は、食べ物を前歯で噛みちぎれなかったり何度も噛むことになったりと、食事の楽しみが失われる大きな原因です。矯正して歯並びを整えることで、食事を楽しめるようになります。

正しく発音できるようになる

不正歯列の影響で発音が悪くなっていた人が矯正治療で歯並びを整えると、発音が改善される場合があります。発音が悪くて人に何度も聞き返されたり、恥ずかしい思いをしたりした方は、早めに矯正治療を受けることをおすすめします。

コンプレックスが解消される

歯並びの問題が原因で自信を失ったりコンプレックスになったりするケースは少なくありません。歯並びを整えることでコンプレックスが解消され、自信を取り戻すことができます。

顔のバランスが整う場合がある

噛み合わせや顎の大きさは顔貌に影響を及ぼします。そのため、歯並びを整えることで顔のバランスが整って、美しい顔立ちになる場合があります。

一番上に戻る
0465-27-3990 初診無料相談WEB予約 LINE予約LINE予約 オフィシャルサイトオフィシャルサイト