口腔内スキャナー(i Tero)

i Tero(アイテロ)とは

当院は口腔内3Dスキャナー「i Tero element」を導入しています!

当院は口腔内3Dスキャナー「i Tero element」を導入しています!小田原駅前矯正歯科では、3D口腔内スキャナー「i Tero element」を導入し、患者さまの負担が少ない歯型取りを行っております。
マウスピース型矯正装置の1つであるインビザラインのマウスピース作製と連携しているのは、「i Tero element」だけです。
従来の歯型取りのような印象材を使用せず、口腔内に光を当ててスキャンを行うだけで終了します。そのため、歯型取りの違和感、不快感が少なく、安心して歯型取りを行うことができます。それだけでなく、歪みの少ないデータを取得できるというメリットもあります。
マウスピースの作製時間を短縮することができ、来院回数も少なくすることが可能なためお忙しい方でも矯正治療が可能です。

※完成物薬機法対象外となる矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

口腔内スキャナー「i Tero element」のポイント

精度の高い歯型取りが可能

従来のシリコン印象材を使用した歯型取りは、印象材の収縮や石膏硬化時の膨張などが原因で正確な歯型を取得しにくいデメリットがありました。
光学印象で行う「i Tero element」の歯型取りは、お口の状態をそのままデータにすることが可能なためより精度の高い印象採取ができます。

不快感の少ない歯型取り

シリコン印象材を使用する従来の歯型取りが苦手という方も多いのではないでしょうか?
患者さまによっては、歯型取りの違和感や不快感から嘔吐を引き起こしてしまう方もいます。しかし、「i Tero element」による歯型取りでは、口腔内をスキャンするだけのため、不快感が少なく済みます。
また、時間も短縮できるため負担を軽減できます。

マウスピースの作製期間の短縮

マウスピース矯正(インビザライン)を作製する場合、患者さまの歯型データを国際郵便で海外に送る必要がありました。しかし、「i Tero element」であれば、ソフトを使用して、データを送ることが可能なため、より早くマウスピースを作製することができます。
歯型取り、マウスピース作製がスムーズにできるため、矯正治療開始までの期間が短縮されます。

治療のシュミレーションができます

「i Tero element」には、シュミレーターが搭載されているため治療のシュミレーションができます。治療を開始する前に、治療後の歯並びを確認することが可能で安心感があります。

クリンチェックとは

クリンチェックとは、治療を始める前に、歯がどのように動いていくのかシミュレーションできるソフトのことです。治療計画に、患者さまの要望を入れることが可能になる場合もあります。
ワイヤー矯正の場合は、歯の動き方を視覚的に確認することはできません。クリンチェックは、3Dで取り込んだ患者さまの歯型データ、治療計画からマウスピース作製を行います。その後、歯科医師が治療をより良いものにしていきます。

クリンチェックの特徴

治療開始前に、歯の動き方(治療過程)を確認できることは安心感に繋がり矯正治療の精神的な負担を軽減し、患者さまにとって大きなメリットです。そのため、モチベーションを維持しやすくなります。
治療過程を目に見える形で確認できるため、患者さまも治療を理解しやすく要望・質問しやすいです。
デジタルシステムを導入した診断、分析で、より精密で安心安全な矯正治療が可能になりました。

特徴1.立体的な映像でシュミレーションができる

クリンチェックの最大のメリットは、お口の中を立体的に取り込めることです。
平面だけでなく、あらゆる角度から確認可能なため、患者さまに丁寧で分かりやすい説明が可能です。
ご要望をお聞きしながら、治療計画を立てていきます。

特徴2.より精密で安全な矯正治療

デジタル技術を活用した分析を行うことで、より精密な矯正治療を提供できるようになります。

特徴3.治療開始前に歯並び改善後を確認できる

歯の動き方(治療過程)を事前に確認できます。治療を可視化できるため、モチベーションを維持しやすくなります。本当に綺麗になるのか不安のまま治療を開始するよりも安心感が得られます。

一番上に戻る
0465-27-3990 初診無料相談WEB予約 LINE予約LINE予約 オフィシャルサイトオフィシャルサイト