マウスピース矯正とは(インビザライン)

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とはマウスピース矯正(インビザライン)は、透明なマウスピース型矯正装置を装着して歯を動かす矯正治療です。歯の形に合わせたオーダーメイドのマウスピースを使用し、定期的に交換することで歯を少しずつ動かします。

目立ちにくい歯列矯正

「矯正治療を受けたいが矯正装置の見た目が気になる」、「周りの人に気づかれたくない」といった場合にマウスピース矯正を選択すると、快適に矯正治療を受けていただけます。

マウスピース矯正のメリット

透明で目立ちにくい

透明で目立ちにくいマウスピース矯正では、透明で薄いマウスピースを使用するため、矯正中であることを周りの人に気づかれる心配がほとんどありません。口元の美しさを損なうことなく矯正治療を受けていただけます。

金属アレルギーの心配がない

金属アレルギーの心配がない使用するマウスピースには金属が一切含まれていないため、金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。また、定期的に新しいマウスピースに交換するため、衛生的な心配もありません。取り外し可能なため、お手入れも簡単です。

自由に取り外せる

自由に取り外せるマウスピースは1日20時間以上の装着が必要ですが、結婚式や面接などの大切なシーンでは取り外すことが可能です。また、歯磨きのときにも取り外せるため、清潔な状態を保ちやすいです。

外れる心配が少ない

外れる心配が少ないワイヤーを使用した矯正装置は、外れてしまう場合があります。また、外れたワイヤーが歯茎に刺さり、ケガを負うこともまれにあります。しかし、マウスピースは歯や歯茎を包み込むように装着するため、外れてしまったりケガなどの心配がありません。

ワイヤー矯正との比較

治療中の痛み

治療中の痛み個人差はありますが、マウスピース矯正では、マウスピースの弾性を利用して歯を動かすため、強く引っ張って歯を動かすワイヤー矯正よりも少ない痛みで矯正できると言われています。

見た目

見た目マウスピース矯正は透明なマウスピースを使用するため、口を開けたり笑ったりしたときに目立ちません。一方で、ワイヤー矯正では金属の矯正装置を装着するため、口を開けたときに目立ちます。ただし、歯の裏側に矯正治療を取り付ける裏側矯正であれば、比較的目立ちにくいです。

食事

食事マウスピース矯正で使用するマウスピースは食事の際に取り外せるため、食べ物が詰まったり挟まったりする心配がありません。一方、ワイヤー矯正ではガムやキャラメルなどの粘着性が強い食べ物を口にすると、矯正装置に付着してしまいます。また、硬い食べ物や噛みちぎりにくい食べ物は小さく切って奥歯で噛むなどの工夫が必要です。

マウスピース矯正の注意点

1日20時間以上の装着が必要

マウスピース矯正では、毎日20時間以上はマウスピースを装着する必要があります。食事や歯磨きのとき以外は常に装着しておくことになります。装着時間が短すぎると、矯正期間が長くなってしまうため、自己管理が必要です。

マウスピース矯正を適用できない場合がある

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比べて適用できる症例が少ないことに注意が必要です。以前よりも適用できる症例が増えてはいるものの、歯を大きく動かすケースや骨格的に大きなズレがあるケースには適さない場合があります。マウスピース矯正を適用できるかどうか、事前の精密検査で詳しく調べますので、まずはお気軽にご相談ください。
また、マウスピース矯正を適用できない場合にも当院では、目立ちにくい矯正装置を豊富にご用意しております。

一番上に戻る
0465-27-3990 初診無料相談WEB予約 LINE予約LINE予約 オフィシャルサイトオフィシャルサイト